Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Profile
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Others
募集要項
里親募集サイト

にゃぶ

日々の記録。
藍ちゃんの里親様募集

藍ちゃんの募集記事をネコジルシに掲載しました。

https://www.neko-jirushi.com/foster/105199/

| 2018.07.11 Wednesday * 12:12 | | comments(0) | - |
ヒトの気配

黒サビ姉妹がケージから出て部屋で遊ぶのを

ヒスイちゃんが見に来た。

シッポは下がっている。

 

そこへ一葉どんが来た。

ヒスイちゃんは一葉にくっついて、

おでこいい子とひとなめしてもらった。

シッポはあがっている。

 

ヒスイちゃんは、Kさんがジローを撫でているときも

近づいてくるのだそうだ。

ふーん。

いつも遠巻きにしているくせに。

 

わたしもかなりヒトの気配が薄い。(自慢なのか?)

Kさんはもっと薄い。

 

猫には好かれるね。

もっと薄めたいのに。

 

 

| 2018.07.10 Tuesday * 07:58 | | comments(0) | - |
好不調

くるみ君が退院した。

もう一日お泊りかなと思っていたら、

病院では食事ができないとのこと。

あらら。

とにかく帰宅してごはんだね。

くるたんは病院でもごはん食べると思っていた。

無理だったか。

今朝のトイレはおしっこもまあまあ出てるし、ごはんもたくさん食べたし、

ゆったり寝てるし、良しとしよう。

 

えみちゃんが不調。

数日前からゲーして食欲なし。

食べ過ぎで消化不良かと思っていた。

もう少し別の原因かも。

今日お医者へ行くか。

 

イズミ君は元気。

抱っこできないわけじゃないが。

いまだに犬のようにうなり、険しい目つきで威嚇する。

なにさ。

新しいお名前も決めて頂いているのに。

おばあさんのことは嫌いね。

元気・食欲あって行き先も決まってるし、良しとしよう。

 

 

 

 

 

 

 

| 2018.07.10 Tuesday * 07:45 | | comments(0) | - |
一週間

7月1日にアオイ君が亡くなり、

4日、強風の中を荼毘に付しました。

 

3、4、5月と続けてお別れがあった。

6月のお葬式はなかったけれど、

アオ君をうしなったことに変わりはない。

4か月連続にならなかったことは救いではあった。

 

月曜にはBさん宅子猫のA君のお見合いがあり、

さっそくの火曜日に移動。

新しいお名前はコト君となりました。

母猫ちゃんの避妊手術もきのう無事に終了。

ママもおうちに入れてくださるとのこと。

 

なんてありがたいお話だろうか。

 

黒サビ姉妹がケージの外で遊ぶようになってそろそろ一週間。

遊び終わったころにケージへ。

いつまでも狭くてごめんね。

 

隣室の黒猫ちびっこいずみ君はシャーが激減して、ふつうの子猫に。

左目の目やにも完治した。

室内デビューはもう少しかかりそう。

 

藍ちゃんが黒サビ姉妹とケージ越しに遊ぶ。

藍ちゃんは部屋に出すと逃走モードのため、

抱っこしてお膝でゴロゴロしてもらっている。

 

えみちゃんはケージのロックが甘いとすかさず部屋に出ていて、

我が世の春とばかり寛いでいる。

KさんとMさんがいらしたときは撫でてもらって、

爪だしパンチもしなくなった。

 

ジロー君はおとといケージから出たそうにしていたので、

扉を開けたらそそくさと隣室へ走り去った。

なぜか隣室の真ん中の空きケージで落ち着いた。

このケージは使いにくいので空いている。

華ちゃんとか、人慣れいまいちの皆さんがよくお過ごしになっておられる。

ジローはさわれるけど、シャーシャーいうのでそのままに。

翌日、ジロー係のコーノさんが誘導して自室へ戻りました。

自室といっても元はオニワの部屋なんだけどね。

オニワの部屋といっても元は猛獣まい・まき姉妹の部屋なんだけどね。

 

オニワはさらに慣れて、人間とおでこごっつんの挨拶ができるまでになった。

ヒトのすぐ脇を平気で通る。

背中ナデナデ、首筋ぐーんもできます。食事中以外でも。

 

猛獣まい・まき姉妹はあいかわらず天袋に居住されているが、

天袋前の新設キャットウォークをお通りになって天井隅っこに移動したり、

階段上のスポットとか、あちこちに拠点はある。

ただし、高い所。

居場所のない猫は高い場所にいるといわれている。

まいちゃんはこの部屋にも来る。

 

くるみ君の通院が続いていて、

ついに入院しての処置に。

何年か前のみいちゃんと同じように、カテーテルを入れっぱなしにして、

膀胱を空にする。

くるたん、オシッコ出ないと困るね。

機嫌はよく、いつも通りチューしてくれる。

ぼくたち、愛し合ってるの。

 

いもうとちゃんが時々血尿。

抗生剤で改善していたのにきのうはまた血尿だった。

お薬を飲んでなかったのか、効かないときがあるのか。

病院へ行くのがいいに決まってるが、アミに入れられるか。

 

きのうの夜は、どしゃ降りで外回りを遅めにずらした。

みんな待っていた。

奥ちゃんが2日続けて来なかった。

 

ほかにも毎日いろいろあって

いつも何かしらある。

 

信ちゃんの募集作業も、新人の募集も、なにもかも遅れている。

追い付きたい。

 

 

アオちゃんにお花をありがとうございました。

今も花々に囲まれて、生前と同じようにもててる感じです。

 

 

 

| 2018.07.04 Wednesday * 19:31 | | comments(0) | - |
アオちゃんとクリーム君

おとといの夜、アオちゃんは何度もトイレに入りたがった。

 

彷徨うようによたよたふらふらと歩き回って、

部屋の片隅で佇んでいるアオちゃんに

クリームちゃんがでーんと頭突きを。

 

あれはお見舞いのでーんだった。

 

クリームはアオ君が大好きなんだね。

 

 

http://nyab.riric.biz/?eid=1010209

アオちゃんとクリーム君。

 

| 2018.07.02 Monday * 06:26 | | comments(0) | - |
アオイ君・・

 

午前10時20分ごろ、永眠しました。

アオちゃんを気にかけてくださり、ありがとうございます。

老衰になるのか、それには早過ぎる13歳だった。

 

アオアオ泣くからと葵君になったんだよね。

 

 

アオちゃんデータ:

2005年8月に息子が保護。

たぶん3月生まれ。ななちんと兄弟。

レンレンやヨン君、クリーム君など、人慣れいまいちの子と仲良し多数。

https://plaza.rakuten.co.jp/katzecafe/diary/200512170000/

            

https://plaza.rakuten.co.jp/katzecafe/diary/200508200000/

| 2018.07.01 Sunday * 16:17 | | comments(0) | - |
七月一日

あおちゃん、日付を超えてくれた。

持ち時間のすべてを終えて

元の場所へ還ろうとしている。

 

 

| 2018.07.01 Sunday * 02:19 | | comments(0) | - |
全員食欲あり

水曜日はちびっこのお届けであった。

順調に慣れて、食欲も排泄もOK。

 

こちらのちびっこ3匹も食欲あり。ちと便がゆるい。

 

レンレンも、くるみどんも、ななちんも、食欲はある。

 

アオちゃんが紙のように軽くなった。体重2キロを切ったであろう。

点滴を中止。

明日を持ちこたえることができるか。

食欲はものすごくあり、ジローのために来ているK野さんからもごはんをもらった。

 

 

お外の子も食欲あり。

畑の若ママ(コミケの娘の白茶嬢)はすぐに食べたかったようだ。

いつも人間が立ち去らないと食べ始めない。

今日は近づいたついでにお顔をライトで照らしてみたら細く小さい。

病気のお顔付きみたいに見えた。

子猫を隣小屋にしまってきたのか、姿を今日も見なかった。

 

鈴付きのお外ちゃんは1メートル先まで近寄ってきて、ごはんを待っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 2018.06.30 Saturday * 02:17 | | comments(0) | - |
栗ちゃん

栗ちゃんが亡くなった。

昨夜9時過ぎに永眠したと、里親さんから連絡があった。

FIPで先月から闘病していた。

 

栗ちゃんは譲渡会でおうちが決まった子。

Aさんブリードの4兄妹のうち、いちばん人に慣れていたのが栗ちゃん。

 

先週会いに行ったときは、下痢便でよごれたお尻を洗ってもらって、お風呂場で抱っこされていた。

まだ歩いて好きな場所へ行ける、と里親さんは言っていたが。。

数日中にそれがかなわぬことになるだろうと、顔色は物語っていた。

 

 

幸せであったかどうかは、生きた時間の長さで決まるのではない。

その密度、その深さで、栗ちゃんはこれ以上ないほど幸せだった。

いつかまた、彼らの元へ戻ってくるに違いない。

今度はどんなこどもになって現れるのだろうか。

 

 

 

 

| 2018.06.26 Tuesday * 03:37 | | comments(0) | - |
くるたんの声

くるたんの膀胱洗浄何日目か。

 

処置の間はじっとしてる。

こんなに動かずにいられる子はめずらしい。

ちょっとだけ泣くね。

 

帰宅したら抱っこしてお話するの。

くるたんはボーイソプラノ。

可愛い声で小さくおしゃべりするね。

 

 

| 2018.06.19 Tuesday * 20:53 | | comments(0) | - |


| 1/81Pages | >>