CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日々の記録。
緑園ネロネロコンビ
セナ君とおにいちゃんがネロネロと足元にまとわりつく。
セナ君が一緒だと、おにいちゃんも気が緩むらしく、
背中もしっぽもお顔もどこでもさわれる。
あんなに慣れていなかったおにいちゃんが。

にゃんと。持ち上げ抱っこもした。
体重は4キロ台後半であろう。

食前とセナ君ご一緒時以外は、
それなりに相当な距離を取り、
ヒトを見れば勢いよく走り去ってゆくくせに。
おにいちゃんのお名前を考えなければ。

 
posted by nyab | 00:09 | ryokuens | comments(0) | - |
おうちのおにいちゃんとお外のおにいちゃん
きのうはさっちゃんと、
おとといは信ちゃんと、
今朝は一葉とごまちゃんの間で、
おにいちゃんは眠っていた。
日一日と仲間に入り、馴染んできた。
人間には、いまいちまだちょっとかなり慣れないけれど。
時々はドアの向こうからこちらを静かに見つめたりもする。

お外のおにいちゃんは、いまだに姿を見せてくれない。
妹のいもうとちゃんはおうちに入ってから元気になった。
おにいちゃんは外で段々弱っていったのか。
おにいちゃんも白血病陽性だろう。
お外での暮らしはのびのびして見えるが、
安全ではない。
せめていもうとちゃんは陰転しますように。


 
posted by nyab | 18:47 | ryokuens | - | - |
すずちゃんとかず君
お待たせしましたheart
すずこちゃんとかずお君のお写真を頂きました。
2月半ばに里親様のお宅へ移動してから1か月半が過ぎようとしています。

おくつろぎ中のかずお君です☆

ゆったりなさってますにゃ。
すずこちゃんはどうかにゃ?
その前にもう一枚かずお君を。

いつもこんな感じなんですね。


ケージごしにネコジャラで遊ぶすずこちゃんとかずお君。


すずちゃんの落ち着いた表情。

いつもおにいちゃんと一緒で安心したね。
すずちゃんがもう少し慣れてきたらお部屋側に出ることを少しずつ練習しようね。


在りし日のあずちゃん。
すず&かずとの縁をつないでくれた。
もうあずちゃんのファイル名を新たに付けることがないと思うと、胸が締め付けられる。



新しいおうちに移動した頃のすずこちゃんとかずお君。ふたりとも不安そう。

ふたりで一緒だもの、怖くなかったよね。
いまは格段に落ち着いたお顔になった。
一歩ずつ、毎日少しずつ慣れていくから大丈夫。
パパもああ見えてこわくないからね。
とっても優しいパパなんだよ。
すぐに分かる。安心してね。




 
posted by nyab | 09:01 | ryokuens | - | - |
ニューフェイス

さっさと出窓デビューを果たしたおとうさん。
みんながお尻を嗅ぎに来ても、お顔を近づけても、
まったく気にしない。

彼の最大の関心事はごはんとお水。
要求泣きしてニャーニャーとたいへんな騒ぎに。
そういえば今日は猫の日だ。

西川さん、無理なお願いをしてごめんなさい。
基本に立ち返って、とにかく血液検査と不妊手術を。
未去勢ならではのお顔のふくらみは、手術後に引いていくと思われ。
それから写真撮影して里親さんを探せたらなあ。
「ハンデあり」になるでしょう。

憂いを帯びた表情がお得意のおとうさん。
 
posted by nyab | 07:39 | ryokuens | - | - |
かずお君とすずこちゃん

シマ君とあんこちゃん。この家での最後のショット。
新しいお名前は、かずお君とすずこちゃんheart
あずさちゃんが繋いでくれたご縁です。
西川さん、ありがとうございます。

 
posted by nyab | 19:17 | ryokuens | - | - |
もみ君

posted by nyab | 23:59 | ryokuens | - | - |
2007年のチャト君
モミちゃん兄弟のチャト君が亡くなった。
先週の日曜日未明のことだった。

これは2007年おうちへ移動する前日の画像。





チャト君・メメちゃんよりも数日遅れて保護されたモミを
チャト君はちゃんと覚えていて、
不安そうなモミを暖かく迎えてくれた。

突然死なのかと思っていた。
あとからわかったのはコインがなくなっていたこと。
それを食べてのどに詰まらせたのではないかと。

火葬にしてから気づいたようだ。
何でもお口に入れてしまう子だったという。

遺骨を連れて帰ってほしかったけれど。
もう命の宿っていない肉体に執着しても仕方がないとも思うが。

会いに行けばよかった。

posted by nyab | 02:55 | ryokuens | - | - |
面会人
モミは元気。
無事に退院した。

入院中は一度も吐かず。
結局バリウムは飲まなかった。

入院中は面会のたびに誰かを連れていくことになり。
土曜日はモフモフ花梨ちゃん。
のど元の毛がモフ玉になってしまったのをカットしてもらった。

先生達に容姿と態度が「素晴らしい!」と大絶賛された。
診察台ではゴロゴロ言ったそうだ。

威嚇するかも・・・。
などと警告を発していたのだが。

避妊は現地の病院だったから、この病院に来たのは初めて。
これなら文句なく、里子に行ける状態だね。
柊君と2匹一緒でお願いするか、
一匹ずつにするか、まだ迷っている。


日曜日に連れていったのはレメ君。
シーチに引っ掻かれた目がまだ痛々しい。
目薬はタリビッドに変更された。

レメは行きも帰りも悲しげに泣いた。
モミはレメに会って嬉しそうだった。



モフ子。


柊君はストーカーワンコになりました。

posted by nyab | 01:54 | ryokuens | - | - |
11月のモミ・・
先々週から通院していたモミが
また入院した。

最初は右目だった。
右も角膜かと危惧したが、
今回は結膜炎だった。

それが治まらない矢先に、
水を吐くようになった。

吐き気止めの注射を打ったら、めちゃ元気になって、
それもつかのま。
翌々日からまた吐くようになった。

きのうは背中に皮下点滴。
帰宅後、昼間と夜中に水溶便。
ひんぱんではないが。。
この2、3日はほとんど食べていない。
何もしなければ脱水してしまう。

今日は静脈に点滴しているそうだ。
異物を飲み込んだか、
胃腸に潰瘍ができて吐いているか、
どちらかではないかと。

日曜日、経過によってはバリウムを飲むことになる。



posted by nyab | 22:40 | ryokuens | - | - |
ウィルス検査

モミのウィルス検査をしてきた。
どちらも陰性。
いまさらの検査だけど、やっぱりほっとする。

カエちゃんにくっついてぐっすり眠っているところを拉致されて、
モミは何が起こったのか分からなかったようだ。

病院までの道中も、診察台でも、帰り道も、
目を見開いて静かに固まったまま。

自宅の玄関にたどり着いたら、急に暴れ出した。
キャリーの網に頭をぶつけて、出せ出せーと。

あんなに病院慣れしていたのになあ。

結果も安心したけど、
先生達に大きくなったと言われて、嬉しかったね。




***
モミとカエの募集記事を「いつでも里親募集中」に再掲載しました。
次は黒井さんご一家。
相変わらず画像がよろしくない。。

posted by nyab | 22:57 | ryokuens | - | - |