Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Profile
Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Links
Others
募集要項
里親募集サイト

にゃぶ

日々の記録。
110分後のフェルメール
先週に引き続き、上野に行ってきた。
最終日のフェルメール展は60分待ち。
先週は50分待ちだった。

50分あったら何ができるか(トイレを何回掃除できるかとか)、と思わなくはなかったが、
ここでそれを考えてもどうにもならないでしょ、
と自らを諫め、ひたすら待った。

超大富豪だったらこれを買う。
リュートを調弦する女

幾らくらい?
80億円は下らないような。
100億円くらいかな。
現実感がないから幾らでも軽くいえる。

さて、80億円あったら猫何匹助けることができるか。

超大富豪だったら猫予算は別個にあるのか。
が、きっとわたしでも絵画の予算を猫に回したりはしないだろうな。

東京文化会館を通り過ぎたのが辛かった。
ボリショイ公演、もうとっくに終わっていたのですね。
S席18000円が買えない人。。






| 2008.12.15 Monday * 21:59 | 絵画 | - | - |
フェルメール
乳ガン検診の結果がEで、
再検査のついでにフェルメールを見てきた。

フェルメールの絵は、
遠くの星からでもその輝きを
たやすく見分けることができるだろう。
(たとえ、ラメを使っていなかったとしても)

絵の前でひたすら立ち尽くすしかない。

一瞬の光を永遠に封じ込めたかのように見せかけて、
この絵も、この時間も、
永遠には続かないと宣告されている、
そんな風にも感じられる。

日常の風景にしては、ひどく抽象的だ。

この絵の前でなら、いくらでも立ち続けることができる。
そのはずだった。現実は残酷だ。
腰が痛くてとうとう立っていられなくなった。
永遠の凝視を続けるための肉体がほしい。


フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展


| 2007.10.05 Friday * 23:10 | 絵画 | - | - |
天使
鈴をつけた天使     谷川俊太郎

ほんとうにかきたかったものは
けっしてことばにできなかったもの

すずをつけたてんしにくすぐられて
あかんぼがわらう
かぜにあたまをなでられて
はながうずく

どこまであるきつづければよかったのか
しんだあとがうまれるまえと
まあるくわになってつながっている

もうだまっていてもいい
いくらはなしても
どんなにうたっても
さびしさはきえなかったけれど

よろこびもまたきえさりはしなかった



忘れっぽい天使      谷川俊太郎

くりかえすこと
くりかえしくりかえすこと
そこにあらわれてくるものにささえられ
きえさっていくものにいらだって
いきてきた

わすれっぽいてんしがともだち
かれはほほえみながらうらぎり
すぐそよかぜにまぎれてしまううたで
なぐさめる

ああそうだったのかと
すべてがふにおちて
しんでゆくことができるだろうか

さわやかなあきらめのうちに
あるはれたあさ
ありたちはきぜわしくゆききし
かなたのうみでいるかどもははねまわる



天使というよりむしろ鳥      谷川俊太郎

なんでもしってるおとななのか
むじゃきなこどもなのか

つばさはどろだらけで

きのうモーツァルトのソナタの
すみっこにいた
きょうゆうやけぐものうえに
ちょこんとこしかけていた

おんなでもおとこでもないにおい

としおいたきのねんりんにまぎれ
こいぬのひとみにひそみ

かくれんぼしていた
あのてんし


http://www1.odn.ne.jp/~cci32280/ArtKleeAngelWasure.htm
| 2006.12.15 Friday * 00:05 | 絵画 | - | - |


| 1/1Pages |