CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


日々の記録。
柊の命日が近い。
早すぎる桜の花びらを携えて
天へ駆け上がっていった。
今年の桜はいつ散るのだろうか。
posted by nyab | 07:01 | 茶系猫 | - | - |
マモ君

マモ君をお膝に乗せた。
意外にすんなり。

しんちゃんが膝に乗せられてナデナデされるのを
マモ君はチラリと見つつ、遠ざかる日々だったのに。
ついに初抱っこだ。
マモも里子に行けるね

posted by nyab | 09:59 | 茶系猫 | - | - |
桜道

久しぶりに桜道を通った。
柊の命日が近い。
今年の桜も早咲きだろうか。

posted by nyab | 00:42 | 茶系猫 | - | - |
マモ君


夕べ通りかかったら
ホットカーペットの真ん中で仰向けになっていた。
これならおっさんぽくない?

見事な全身茶トラ。

お行儀もいい。おっさんぽい?

posted by nyab | 07:17 | 茶系猫 | - | - |
ぐん

マモ君がぐんと背伸びをして、撫でようとした手のひらに頭を近づけてくれた。
ときおりほんのり威嚇するが、口先だけ。

妹の三毛ちびちびはごはんを食べ、トイレも大小お済みになり、
あとは少しずつ慣れてくれるのを待つばかり。

といいながら、どうなるか。

穏やかに晴れた日は、
お外で過ごすのがいいよね。

posted by nyab | 22:26 | 茶系猫 | - | - |
チカ

里親さんを募集中。
相性問わず。世話好きなお姉さんです。
ヒトにも添い寝してくれます。

最近のちかちんは仰向けが多い:
http://nyab.riric.biz/?eid=1010536

にゃるばむ:
http://nyalbum.riric.biz/?cid=59048

posted by nyab | 00:20 | 茶系猫 | - | - |
柊とともに 1
皆様へ

柊のことを気にかけてくださり、本当にありがとうございます。

柊は2006年12月に相模原市矢部から連れてきた子です。
矢部で迷子になった里子を探す過程で猫スポットを幾つか知り、
そのうちの一つにいた兄妹猫が柊でした。

月齢は、おそらく7か月前後だったように思います。

こんなに早く、
7歳になったかならないか位の若さで亡くなるとは、
予想もしておりませんでした。

柊は良い子でした。

誰とも喧嘩しない。
誰からも怒られない。
誰からも受け入れられる稀有な子でした。

どんな猫でも相性100%。

どんな猫でもOK。

ぼく、誰でも好きなの。

これ以上ないくらい、先住猫さんがいるおうちへ迎えてもらえる
里子向きの性格でした。
 
もう少し人慣れしてからと思っているうちに口内炎が悪化し、
症状がおさまってずいぶん落ち着いたと思っている矢先に腎臓と肝臓が悪化し、
病気が進行するのを止めることはできませんでした。

あのとき、うちに連れてこなかったら。

あのまま外で暮らしていたら。

口内炎にも腎不全にもならずに済んだのか。

それとも、
食事に不自由して結局は長生きできなかったのか。

あれこれ考えます。

お外にいれば室内よりは自由なスペースが広がっているのだし、
草むらもあってそれなりにのんびりと過ごせたのかもしれません。

家にいれば、ごはんは毎回もらえるし、
車も来なくて安全だ。
虐待者もいない。
けれど、外のように自由な広がりがありません。

避妊手術だけして戻すのがいいのか。

無理してでも保護するのがいいのか。

いつも迷います。






posted by nyab | 13:03 | 茶系猫 | - | - |
ひいらぎ

永眠しました。

きのうも、おとといも、
ともしびは消えかかっていました。

今朝までよくがんばりました。
立派な茶トラ男子です。



13日のひいらぎ。


3月15日のひいらぎ。


3月21日のひいらぎ。





朝の様子で退院させようと思っていた。

タクシーに乗せるときにはもう瞳孔が開きかけていたが、
玄関に入ったら我が家とわかったようす。

そのまま抱っこして2階へ連れて行った。

数分後、大きく息を吐いて旅立った。

きのうもおとといも、
会うたびに弱っていた。

それでも静脈からの点滴をつづければ少しでも楽だろうと、
無理に連れ帰るよりはいいと思っていた。

もう無理と分かっても、いつ家に連れて帰るか。

その判断は難しい。








posted by nyab | 21:25 | 茶系猫 | - | - |
3.0キロ

ひいらぎ君の体重は3.0キロに。
腎臓の数値はよろしくない。

先週から一日おきの点滴を勧められている。

仕事と皆のお世話に奔走し、きのうもおとといも病院へ行かずじまい。

今日やっと、みいちゃん・ルナちゃんと一緒に診察を受けた。


posted by nyab | 21:54 | 茶系猫 | - | - |
ひいちゃん
ひいらぎ君がごはんを食べた。
2日ぶり。

先週末には3.5キロまで増えた体重が
月曜から減少の一途。

今日の診察では3.1キロ。
かろうじて3キロ台を維持していることに安堵した。

採血と点滴、最後に食欲が出るお薬を飲まされて帰宅したら、
ケージに入ってすぐに「ごはん食べたい」と大泣き。。



やがて訪れる別れを覚悟しておかなくては。
毎日そのことを考える。

その時期が確実に近づいていることは理解している。

腎不全にどこまで抗えるか。

それはつまり、彼をどこまで長く苦しめるか。
ということでもあるのだろうか。



posted by nyab | 20:27 | 茶系猫 | - | - |