Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Profile
Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Links
Others
募集要項
里親募集サイト

にゃぶ

日々の記録。
ランちゃん・・
今朝お電話があった。
たったいま、外に出てしまい、そのまま逃走。
方角はこちらへ向かったもよう。

近くだから音を頼りにここへ戻ってこれると良いのだが。

オス猫なら余裕でテリトリーの範囲。
安全に道路を渡れれば。
| 2014.11.23 Sunday * 12:22 | 迷子猫 | - | - |
エリ君
エリ君を保護して一年が経った。
エリ君を保護して一年が過ぎた。
エリ君を保護して一年になる。
・・・

どう書いても、一年たったのに、
傷はまだ治らない。
昨年の8月7日に保護したのだった。

皮膚を寄せて縫ったらこんな感じになるのかなあ、
という写真を動物病院の症例で見たり。

どうしたらいいんだろうね。

こういうときこそ愛護センターを頼みにできたらいいのにと思いつつ、
譲渡できない猫と判断されて処分されたらとかんがえると
そんな恐ろしい選択はできず。

治る傷を負って収容されたにしても、
譲渡される場合と殺される場合があるなら、
どこかで誰かが線引きをしているわけで。

それはどこで判断しているのだろうか。
人慣れの度合いで判断しているなら、
その判断する人間の猫度は、どの程度なのか。

エリちゃんなんて、人には慣れているけれど、
傷の手当が気に入らなければ噛みついてくる。
おうちで気を許している証拠なんだけどね。

エリ君、今は食事だけが楽しみだ。
一日2度しかなくてゴメン。。


 
| 2014.08.14 Thursday * 19:46 | 迷子猫 | - | - |
日曜なのに

仕事から帰って玄関で靴を脱いだ。
階段からエリ君が降りてくる。

あら珍しい、エリちゃんただいまと、
スリッパに履き替えたそのすぐ後に。

脱いだばかりの雪用長靴に。
エリ君がオシッコかけているじゃありませんか。

なにさ、えりなんて。
押しのけてブーツを取り上げ、
液体部分を入念に拭き、棚にしまった。


 

| 2014.03.03 Monday * 02:47 | 迷子猫 | - | - |
えりちゃんパンチ

今朝、えりちゃんにぶたれた。
爪なし。
力あり。

なにさ、えりちゃんなんて。

傷は一進一退。
3歩進んで2.8歩さがる、といった具合。

えりちゃんのいらつく気持ちもわかる。

| 2014.02.26 Wednesday * 18:54 | 迷子猫 | - | - |
もりもり

夜中から食欲全開。
今朝ももりもり。
おくすりも一緒に。

まだ鼻ずぱではあるけれど、
かなり良くなった。
はあぁ。

| 2013.10.25 Friday * 22:56 | 迷子猫 | - | - |
病院好き

エリちゃんは病院が好き。
待合室に着くと、キャリーの中で爪とぎをなさる。

少ーーーーしずつ持ち直してきた。

本日、インターフェロン3本目を打って、
帰宅したら間もなくトイレに。
5日ぶりのウンチをなさった。
ようやく上向き加減になったようだ。

できればエリちゃん、
自力で食べてくれるとさらに嬉しい。







| 2013.10.22 Tuesday * 17:12 | 迷子猫 | - | - |
強制給餌

エリちゃんの具合が超悪く、
きのうから強制給餌。

首の傷は良くなってきた。
鼻水と目がすごいことに。

ちょっと大変です。

| 2013.10.20 Sunday * 17:07 | 迷子猫 | - | - |
風邪

よわり目にたたり目。
風邪っぴきエリちゃんとなり、
鼻はずぴ、目は涙の超低空飛行。

今日も診察に行くか、様子を見るか。
食欲なし。
お薬も飲まないとなあ。


| 2013.10.16 Wednesday * 07:23 | 迷子猫 | - | - |
小康状態

エリちゃんを退院させた。
何とか小康状態というか、傷の広がりは止まった様子。

このまま全身に広がったら死んじゃう。
きのうまでぷちパニックでした。

痛みがおさまっているのか、昨夜からだいぶくつろいでおられる。

さっきはよっちに唸られていたから、
復活に向かっている。と思いたい。

| 2013.10.14 Monday * 12:05 | 迷子猫 | - | - |
今朝のエリ君とよっち君

大乱闘に。
こらーと大声を上げながら現場(←隣室)へ急行したが。
とき既に遅し。

白い毛と黒い毛が床に散乱し、
背中を逆立てたエリ君がよっち、いや、
正確にはマオ君とにらみあっている。
(よっち君の隣にいつもどおりマオ君が
付き人のように寄り添っていた)

はあ。
こんなときも君はよっちの隣にいたいんだ。
しおらしいマオ君を見て、怒るのをやめた。

エリ君をケージに入れ忘れて寝入ってしまった(すぐに起きるつもりだったのです)。
人間のミスでした。

ああ、
あしたからどうなるんだ?

| 2013.09.17 Tuesday * 23:07 | 迷子猫 | - | - |


<< | 2/5Pages | >>